calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.12.06 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『ユング心理学入門』(1967)河合隼雄、培風館

    0

      JUGEMテーマ:

       

      細部から入ると解りにくいユング分析心理学について、その全体像を河合隼雄さんが平易に解説されています。

      治療者の態度という観点からすると、ロジャーズと近いものを感じるユング。本書にもそれは触れられており、他方、違いについても書かれています。その第一は、治療者が何らかの「準拠枠」「枠組み」を選択することの許容度なのかなという印象を受けます。

      ユングと言えば夢分析。「内的世界の表現とも、外的事象の描写ともとれる両者の間の中間的な表現」を被治療者に返していく技量を培うことは容易ではありませんね。

      フロイトの数珠つなぎのような自由連想との違いは、夢に登場した心像を中心に据え、その心像の内容に関する連想を聴いていくこと。

      ただし、先のロジャーズとの違いもそうですが、フロイトの局所論・構造論との対比で語られる自己と自我の違いについてもややレトリックな印象は拭えず、むしろ収斂する部分に注目することで、心理臨床現場における対応力が広がるのではないかと感じます。

      いずれにしても、大きな世界観を持っているという点でユングは魅力的です。

       

       

      (2019年10月13日)


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.12.06 Friday
        • -
        • 11:10
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック